認定証はシンプルで明確なデザインがお勧め。
例えば永年勤続表彰の場合、何年目の表彰なのか?勤続年数の表彰なのかを明確に記した文章デザインが求められるが認定証は明確でシンプルなデザインが好まれます。より明確なデザインで表現し余計な文章を省きますが明確に表現する為にどのようなデザインが好ましいのか?をご説明させていただきます。

いつ、誰が、どこの認定を受けたのかを明確にする

タイトルは「認定証」もしくは英語表記で「certificate」と記すことが殆どです。表彰盾は英語表記でデザイン性を追及することも多くございますが日本国内でお使いいただく認定証は比較的日本語でデザインされることが多いと思います。やはり内容を明確にすることで証明証の効果が発揮できますので用途をよく考えデザインを考えるとよいかもしれません。認定証に記載する代表的な内容を箇条書きにさせていただきます。

  • 「認定証」「certificate」などのタイトル
  • 認定を受ける方のお名前もしくは企業名
  • 認定内容
  • 認定日
  • 認定期間
  • 認定証の発行者

上記は記載する代表的な項目ですが、このほかに組織としての認定でしたら組織のロゴマークや組織をイメージできるデザインを組み込み、文章を読まずともどんな認定なのかを分かりやすくすることが重要になってきます。また、認定証を発行する機関や組織の代表者もしくは責任者などのお名前を手書きのサインで表現したり機関や組織の印鑑などを取り込んだデザインにするのも付加価値が高くなると思います。

このように認定証は要点を明確にしたデザインが主流ですが、絶対条件では無いので発行者様が独自のデザインを考えられるのが一番かと思います。

お勧めの関連記事はこちら