表彰楯とトロフィーどっちを選ぶ?
表彰制度を設ける場合、またはイベントで表彰を行う場合、表彰楯やトロフィー、メダルといった記念品を用意すると式典としての雰囲気も良くなりまた、受賞者の印象も違ってきます。表彰状だけでも記念になりますが今回は表彰の記念品で使われる事の多いアイテム、表彰楯トロフィーに絞ってどちらを選んだらよいのか?それぞれの特徴をご説明させていただきます。

トロフィーと表彰楯のデザインから考える

どんなものでも選ぶ際に一番悩むのがデザインです。トロフィーや表彰楯にも様々なデザインがありどちらも独特の表現がございますがトロフィーに関しては形や素材が豊富、同じデザインで比較的サイズも豊富でクリスタルガラスやアクリル素材を使い透明感のある最近の流行りを取り入れたタイプが目立ちます。従来であればトロフィー土台に付いているプレートに彫刻するのが一般的でしたが、最近ではクリスタルやアクリルトロフィー本体直接彫刻する付加価値の高いものが人気のようです。また、アクリルトロフィーに関してはクリスタル製に比べ短い時間での作成が可能なので急ぎで用意する場合にも喜ばれております。

表彰楯に関しては使用されている素材がガラスや木製のものが目立ち流行りのデザインも若干取り入れながら昔から使われてる落ちついたデザインが中心です。特に従来から人気のある木製楯に真鍮製の金属プレートの表面に凹凸を付けて表現するエッチング加工は今でも重要な表彰を形作るシチュエーションが多く見られます。このタイプの人気はアクリル製やクリスタル製など透明感がある表彰記念品に対しどちらかというと賞状に近い印象があります。

お勧めの関連記事はこちら