トップページ > 作成のテクニック > 表彰の英文と和文の選び方
表彰状を始め、表彰楯(盾)やそのた記念品を作成する際に重要になってくるのが文章ですがこの文章一つで受賞者に与える印象も違ってきます。前回の記事、「表彰状や感謝状で句読点を使う?使わない?」でもご説明させていただきましたが決まりはありませんが暗黙の了解的な決まりもございますが今回は文章を英文にするか?それとも和文にするかを考えてみます。

文章に重要な成績や文言を多く含めるのか?

表彰文の中には簡単に表彰内容を表現する文章もあれば、成績やどんな成績で表彰されるのかなど細かく内容を記す文章とがあります。どちらが正しいということはありませんが何を含めたいかで表彰文が大きく変わってきますので内容は非常に重要かと思います。しかし簡単に表現する文章だとちょっと間が抜けた感じになる場合も少なくありませんがそんな時は英文にするのがお勧めです。英文は見た目の雰囲気が良く簡単な内容、もしくは文章で形よく文章が作り上げられます。英語の苦手な型は和訳ソフトやサイトをつかうのもよいでしょう!

文章が少なければ飾りでスペースを埋める技もありあります。

文章内容が濃ければ和文が良いかもしれません。成績や期間、キャンペーン名など重要な内容を多く含ませてあげることによってより記念になる表彰記念品が出来上がりかと思いますが文章が少ない場合は テクニックとして、表彰文を囲む飾り枠を使ったり上部に企業のロゴを入れ込んだり、印鑑や手書きサインといった表彰状に近いデザインで作り上げるのもよいでしょう。文章や入れ込む内容が少なくて間が抜けるようなことは避けた方が良いかもしれませんね。。

関連記事

お勧めの関連記事はこちら