表彰状や表彰楯(盾)では文章内容で評価の内容を変えるのが一般的ですがそのほかでは文章を共通にしてイミテーションダイヤを埋め込む方法など様々な方法がございます。今回はダイヤではなく星の数で評価をするテクニックをご紹介させていただきます。

文章を共通にしてコストを抑える

表彰楯(盾)を数多く作成する際に 受賞内容の差し替えをします。作成方法にもよりますが差し替えをする場合は差し替え費用が発生いたしますがこの差し替え費用も差し替える内容や差し替える場所によって発生する費用がことなります。逆に、表彰内容を統一することによってかなりのコストを抑えることが出来ることも事実です。そこで今回ご提案するのが表彰文を一定にしコストを抑え星型のマークを作成し星の数を増やすことで評価を変える方法です。この方法は星型マークを作成する初期費用は発生いたしますが一度作成すると二度目の作成からは初期費用は不要で星の作成コストのみで安定するメリットがございます。特に星型マークを数多く使われる場合は特に効果的になります。

星型マークの個数で評価する

自衛隊やアメリカの軍隊などでよく目にすると思いますが星の数で階級が分かれます。この方法を表彰楯(盾)や認定証にも生かします。会社内や組織内で評価の基準を決め星の数で一目で評価がわかるようにします。万が一評価内容がわからなくても星の数が多ければなんとなく評価が高いことも一目瞭然になります。通常の表彰文の見出し部分に星型マークを設定するのもよし、星型マークを配置するスペースをあらかじめ取っておいてそこに増やしてゆく方法でもよいでしょう!

お勧めの関連記事はこちら